尿酸値と痛風 

体質改善の専門家の先生も推薦の「ビールを飲みながら痛風の症状を自宅で改善するための方法!」

尿酸値が高く痛風が気になる方へ、薬を使わずに数値を下げる食事・運動・日常生活の過ごし方を紹介します。

サイトマップ

野菜、海藻で尿をアルカリ性に変える

尿の酸性度が高いと尿酸は排泄されにくい

尿酸は尿に溶けて排泄されますが、尿の酸性度が高いと溶けにくく、アルカリ性に近いほど溶けやすい性質があります。



尿酸値の高い人は尿の酸性度が高い人が多く、その分だけ尿酸が溶けにくく、尿酸の結晶化を促進させます。

高尿酸血症を改善するには、尿の酸性度をできるだけ低く保つことが必要になります。

尿の酸性・アルカリ性を示すペーハー値は通常5.0〜7.0といわれます。

数値が低いほど酸性度が高く、高いほどアルカリ度が高いことを意味します。

pH6.0未満になると酸性尿と判定されます。

どの程度の値に保つのがいいのか、高尿酸血症の人の場合はpH6.0〜7.0程度の弱酸性が最適と考えられています。

アルカリ性がいいといっても、実際にはアルカリ性に近い弱酸性というのが正確なところです。


肉とアルコールは尿を酸性にし、野菜と海藻類はアルカリ性にする

尿は、肉類などの脂っぽいものやアルコールをたくさん摂ると酸性度が高くなります。

尿をアルカリ性に近づけ、理想の弱酸性に保つには、そうした食品を避けるのと同時に、野菜や海藻類を積極的に摂ることです。

野菜ではニンジンやほうれん草などの緑黄色野菜のほか、大豆やゴボウなど、海藻類では昆布やひじき、わかめなどに高いアルカリ化の効果が認められています。

同時に、こうした食品には水分が多く含まれており、尿酸の排泄にも効果があります。

水分補給は水を飲むことばかりでなく、食事からも補うように心がけたいものです。

肉類や魚介類も適切にとり、野菜や海藻類の摂取量を増やす

肉類や魚介類に尿を酸性化する作用があるといっても、全く食べないようにすることは出来ませんし、するべきではありません。

それらの食品を適量範囲内でしっかり摂り、そのうえで野菜や海藻類を意識してたくさん食べるように心がけましょう。

野菜や海藻はエネルギー量が少なく、ビタミンやミネラル類、食物繊維が極めて豊富な有料健康食品です。

尿をアルカリ性に近づけるだけでなく、その他の健康効果も計り知れないほどあります。

毎食、少しでも多く摂るようにしたいものです。

痛風を治す為に本当に大事な事「ダウンロード版」
尿酸値が高め!
予備軍はなんと600万人
尿酸って何?
自覚症状がないままある日突然激痛が
痛風発作を起こさないタイプもある
本当に怖いのは合併症
尿酸値の正常範囲は7.0mg/dl以下
健康診断で尿酸値が高いと言われたら
尿酸値を上昇させる危険因子
薬物療法はいつから必要なのか
食生活の見直しは尿酸値改善へ
プリン体は元凶なのか
プリン体の多い食品と上手に付き合う
最悪のメニュー
理想のメニュー
エネルギーを減らして肥満を防ぐ
脂肪の摂り過ぎはこうして防ぐ
1日尿量2Lを目安に水分をとる
野菜、海藻で尿をアルカリ性に変える
果物、砂糖を控え糖質を減らす
高血圧の合併を防ぐため減塩を心がける
食事は規則正しく、外食はサッパリ系の定食を
原則は禁酒、出来る限り節酒を
ビールは最悪、焼酎はOK??
適量を守って週2日の休肝日を
水と一緒に飲むなど、こんな工夫で節酒を
居酒屋つまみのベスト5ワースト5
運動はなぜ必要?
激しい運動は尿酸値を上げる
無理なく楽しくウォーキング
仕事や家事の合間にストレッチ
運動するときの注意点
肥満と高尿酸血症の深い関係
BMIで自分の適正体重を知る
尿酸値の高い人にオススメのダイエット法
こんなダイエット法は危険
ストレスは尿酸値を上昇させる
食事・運動・休養、リズムある生活習慣を
仕事一筋で競争心の強いタイプが危ない
頑張りすぎず常に気分転換を図ろう
薬物療法の目的と進め方
治療薬には基本的に3つの種類がある
薬物治療の初期には痛風発作が起きることも
薬物療法は医師の指示を守って
民間療法やサプリメントには頼らない
食事療法不要の痛風治療法。痛風治療のベストセラー作家が明かす、食事療法、飲酒制限不要の痛風克服法
リンク集
s0179【楽販アフィリオ】食事療法不要の痛風治療法。痛風治療のベストセラー作家が明かす、食事療法、飲酒制限不要の痛風克服法
牛尾式痛風改善術
あの‘伝説の’ 「暮しの赤信号」 第13号 [なぜまだ化学調味料? 痛風の原因にも]

いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
一般財形 金利



尿酸値と痛風 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。