尿酸値と痛風 

体質改善の専門家の先生も推薦の「ビールを飲みながら痛風の症状を自宅で改善するための方法!」

尿酸値が高く痛風が気になる方へ、薬を使わずに数値を下げる食事・運動・日常生活の過ごし方を紹介します。

サイトマップ

プリン体は元凶なのか

食事からとるプリン体より体内でつくられるもののほうが多い

尿酸値を気にしている人の多くは、プリン体という言葉を何度か聞き、その制限の必要性を医師や栄養士から説明された経験があるかもしれません。



最近では、プリン体を90%以上もカットした「ビール」が売りだされるなど、痛風患者の増加とともにプリン体への関心は非常に大きくなっています。

プリン体は、尿酸の元になる物質で、肉や魚、ビールなど様々な食品の中に多く含まれています。

以前はこうした高プリン体の食品を極力排除することが高尿酸血症を改善だと考えられましたが、最近は必ずしもそうではありません。

食事からとるプリン体の量よりも、体内の代謝によって産生・増加するプリン体の量のほうが多いことが明らかになってきたからです。


プリン体の制限だけでは高尿酸血症を改善できない

プリン体の摂取量と尿酸値の関係については、様々な調査・研究が行われています。

そのメカニズムはまだ全面的に解明されたわけではありませんが、たとえば、食事でプリン体を徹底的に制限しても、肝心の尿酸値は10〜20%程度しか低下しないという研究結果も報告されています。

10%でも20%でも、見方によっては大きな成果ですから、プリン体の制限は生活改善の課題のひとつであることは間違いありません。

しかし、残念ながらその程度の成果では、高尿酸血症を劇的に改善させることはできないのも事実です。

こうした高尿酸血症とプリン体との関係をしっかり理解しておき、俗説に惑わされないようにすることが大切です。

必要以上に神経質にならず過剰摂取は避けるというスタンスで

プリン体と尿酸値の関係が明らかになるにつれ、高尿酸血症の治療にあたって、プリン体の制限がそれほど厳しく言われなくなってきたわけですが、とはいえ、プリン体の多い食品を無制限にとっていいことにはいいということにはなりません。

プリン体の過剰摂取は、あくまで好ましいことではないのです。

日常生活では、プリン体の多い食品に気をつけながら、同時に必要以上に神経質にならず、全般的な食生活の改善をめざすように心がけましょう。

痛風を治す為に本当に大事な事「ダウンロード版」
尿酸値が高め!
予備軍はなんと600万人
尿酸って何?
自覚症状がないままある日突然激痛が
痛風発作を起こさないタイプもある
本当に怖いのは合併症
尿酸値の正常範囲は7.0mg/dl以下
健康診断で尿酸値が高いと言われたら
尿酸値を上昇させる危険因子
薬物療法はいつから必要なのか
食生活の見直しは尿酸値改善へ
プリン体は元凶なのか
プリン体の多い食品と上手に付き合う
最悪のメニュー
理想のメニュー
エネルギーを減らして肥満を防ぐ
脂肪の摂り過ぎはこうして防ぐ
1日尿量2Lを目安に水分をとる
野菜、海藻で尿をアルカリ性に変える
果物、砂糖を控え糖質を減らす
高血圧の合併を防ぐため減塩を心がける
食事は規則正しく、外食はサッパリ系の定食を
原則は禁酒、出来る限り節酒を
ビールは最悪、焼酎はOK??
適量を守って週2日の休肝日を
水と一緒に飲むなど、こんな工夫で節酒を
居酒屋つまみのベスト5ワースト5
運動はなぜ必要?
激しい運動は尿酸値を上げる
無理なく楽しくウォーキング
仕事や家事の合間にストレッチ
運動するときの注意点
肥満と高尿酸血症の深い関係
BMIで自分の適正体重を知る
尿酸値の高い人にオススメのダイエット法
こんなダイエット法は危険
ストレスは尿酸値を上昇させる
食事・運動・休養、リズムある生活習慣を
仕事一筋で競争心の強いタイプが危ない
頑張りすぎず常に気分転換を図ろう
薬物療法の目的と進め方
治療薬には基本的に3つの種類がある
薬物治療の初期には痛風発作が起きることも
薬物療法は医師の指示を守って
民間療法やサプリメントには頼らない
食事療法不要の痛風治療法。痛風治療のベストセラー作家が明かす、食事療法、飲酒制限不要の痛風克服法
リンク集
s0179【楽販アフィリオ】食事療法不要の痛風治療法。痛風治療のベストセラー作家が明かす、食事療法、飲酒制限不要の痛風克服法
牛尾式痛風改善術
あの‘伝説の’ 「暮しの赤信号」 第13号 [なぜまだ化学調味料? 痛風の原因にも]

いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
変動金利 動向



尿酸値と痛風 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。